本文へ移動する
  1. ホーム>
  2. 教育・文化・スポーツ>
  3. 教育・文化・スポーツのお知らせ

教育・文化・スポーツのお知らせ

「常陸大宮市スポーツ推進計画(案)」に対する意見募集の結果をお知らせします(2018年3月26日掲載)

 常陸大宮市では,平成30年度からの5カ年間を目標年度とした「常陸大宮市スポーツ推進計画」を策定するにあたり,計画(案)について,市民の皆さまより意見を募集いたしました。
 募集結果等につきまして,次のとおり公表いたします。なお,市ホームページにおきましても公表を行っております。また,常陸大宮市教育委員会事務局文化スポーツ課及び各支所で閲覧できます。

1.意見募集の実施状況

(1)意見の募集期間  : 平成30年1月10日(水)~ 平成30年2月8日(木)

(2)意見の提出件数  : 2件

(3)意見の提出方法  : 郵送0件,持参2件,メール0件

2.意見の内容及び意見に対する市の考え方
No. 1
意見のタイトル スポーツ環境の整備について
意見の内容

 常陸大宮市のメーン会場である西部総合公園テニスコートについて、ご意見したいと思います。当会場では、市のテニス連盟主催の各種大会から、近郊中学校との対外試合、市主催のテニス教室など数多く行われていますが、現状のテニスコートは、平成23年3月に発生した東日本大震災により、6面全部に亀裂が入り、その後、亀裂補修をしましたが、予算の関係から途中で終わってしまったと聞いています。既に7年が過ぎようとしていますが、他の自治体の整備状況を見てみますと、7年の間に近隣の市町は、すべて改修し、それもハードコートから人工芝コート(オムニコート)に整備済みであります。
 私もテニス愛好者の1人ですが、オムニコートに比べ、ハードコートは足に相当の負担を感じているとともに、亀裂の入ったコートでのプレーは、絶えず転倒、イレギュラーなボールの処理等危険が隣り合わせているのです。事故が起こらないうちに、すべてのテニスプレーヤーが望んでいるオムニコートへの建設に、スポーツ計画の中でご議論いただけることを熱望します。

意見に対する市の考え方  西部総合公園テニスコートについては,震災後,順次修繕工事を進めておりますが,今後,西部総合公園テニスコートを含め,本市の社会体育施設の修繕については,緊急性や必要性を鑑みながら計画的に対応してまいります。

No. 2
意見のタイトル スポーツ環境の整備について
意見の内容  山方にあるパークアルカディアケビン村には、人工芝の綺麗なテニスコートが2面ありますが、トイレがありません。
 トイレは、階段を下りて隣の野球場まで行かなければなりません。レンタルのポータブルトイレでも、あるのにこしたことはありません。是非、トイレの設置について、ご検討していただけるようお願いする次第です。
意見に対する市の考え方  山方運動公園のトイレにつきましては、野球場とテニスコートの利用者を対象に設置いたしましたが、今後利用状況等を勘案しながら検討してまいります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化スポーツ課 文化スポーツGです。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

スマートフォン用ページで見る