1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 税金>
  4. 市税>
  5. 個人市民税

個人市民税

窓口 総務部税務徴収課市民税グループ 各支所

市民税・県民税の申告

市県民税申告は、毎年1月1日に常陸大宮市内に住んでいるすべての方が対象です。
毎年3月15日までに市民税・県民税申告書を提出してください。
ただし、次の方は申告をする必要がありません。

  • 所得税の確定申告書を提出された方
  • 前年中に所得がなく、常陸大宮市内居住の家族の扶養になっている方
  • 前年中の所得が給与のみで、勤め先から常陸大宮市へ給与支払報告書が提出されている方(ただし、給与支払報告書に記載のない医療費控除等の控除を受けようとする方は申告が必要です)。
  • 前年中の所得が公的年金等のみで、年金支払者から常陸大宮市へ公的年金等支払報告書が提出されている方。

 

特別徴収義務者一斉指定について

平成27年度から、原則全ての事業主の皆様に個人住民税の特別徴収(給与天引き)を実施していただいてます。

 

事業所得等を有する白色申告の方に対する記帳・帳簿等の保存制度について、平成26年1月から対象となる方が拡大されました。

  • 対象となる方  事業所得、不動産所得又は山林所得を生ずべき業務を行う全ての方です。
    ※所得税及び復興特別所得税の申告の必要がない方も、記帳・帳簿等の保存制度の対象となります。
  • 記帳する内容  売上げなどの収入金額、仕入れや経費に関する事項について、取引の年月日、売上先・仕入先その他の相手方の名称、金額、日々の売上げ・仕入れ・経費の金額等を帳簿に記載します。 記帳に当たっては、一つ一つの取引ごとではなく日々の合計金額をまとめて記載するなど、簡易な方法で記載してもよいことになっています。

詳細につきましては下記リンクの国税庁ホームページをご覧ください。
     

 

納税義務者と納める税

個人の市民税・県民税を納める方は、次のとおりです。

納税義務者 納める税
均等割 所得割
市内に住所(居所)がある方(※1)
市内に事務所または家屋敷があり、その市内に住所のない方 -

※1 その市内に住所(居所)があるかどうかは、その年の1月1日(賦課期日といいます)の状況で判断されます。

 

税率と税額の計算方法

前年の1年間(1月~12月)の所得を基準に税額を算出します。税額には納税者に均等に課税される均等割額と所得に応じて計算する所得割額があり、この合計が年税額となります。

個人市・県民税=均等割額+所得割額

均等割額
(※1)

市民税 3,500円
県民税 2,500円(森林湖沼環境税1,000円含む)(※2)
所得割額 課税標準額(前年中の所得金額-所得控除額)×税率
区分 税率
市民税 6%
県民税 4%

※1 平成26年度から個人市・県民税の均等割額が変わりました
東日本大震災からの復旧・復興事業に必要な財源を確保するため、平成26年度から令和5年度までの10年間、個人市・県民税の均等割税率に1,000円(市民税500円、県民税500円)が加算されます。

※2 森林湖沼環境税について
県民税の均等割額のうち1,000円は、「森林湖沼環境税」として、森林の保全整備や湖沼などの水質保全に関する事業のためにご負担いただくものです。
課税の仕組みに関することは茨城県総務部税務課(TEL029-301-2418)に、税収の使い道のうち森林の保全整備については茨城県農林水産部林政課(TEL029-301-4021)に、湖沼などの水質保全については茨城県生活環境部環境対策課(TEL029-301-2968)までお問い合わせ下さい。

 

税率と税額の計算方法

【均等割と所得割が非課税】
  • 生活保護法により生活扶助を受けている方
  • 障害者、未成年者、寡婦または寡夫で、前年中の所得が125万円以下の方
【均等割が非課税】
  • 扶養家族がいない方で、前年中の合計所得金額が28万円 以下の方
  • 扶養家族がある方で、前年中の合計所得金額が
    〔28万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族の数)+16万8千円 〕以下の方
【所得割が非課税】
  • 扶養家族がいない方で、前年中の合計所得金額が35万円 以下の方
  • 扶養家族がある方で、前年中の合計所得金額が〔35万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族の数)+32万円〕以下の方

 

転入した方の市民税

個人の市民税・県民税は、毎年1月1日にお住まいの市区町村で、前年中の所得に対して課税されます。したがって、年の途中で他の市区町村から転入された方のその年度分の市民税・県民税は、前の住所の市区町村へ納めていただくことになります。
翌年度分からは常陸大宮市で課税されますので、毎年3月15日までに市民税・県民税の申告書を提出してください。
なお、前年中に所得のない方で常陸大宮市内居住の家族の扶養になっている方、税務署へ確定申告をされた方、サラリーマンの方で前年中の所得が給与所得だけで勤務先から給与支払報告書が提出される方、公的年金などを受けている方で前年中の所得が公的年金等の所得だけで、かつ年金支払者から公的年金等支払報告書が提出される方などは申告する必要はありません。

 

転出した方の市民税

個人の市民税・県民税は、毎年1月1日にお住まいの市区町村で、前年中の所得に対して課税されます。したがって、年の途中で他の市区町村へ転出された方のその年度分の市民税・県民税は、1月1日に住んでいた常陸大宮市に納めていただくことになります。

 

年の途中で退職した方の市民税

市民税・県民税の課税されていた方が、年の途中で退職した場合、市民税・県民税を給与から差引くことができなくなるので、次の2つの方法のうち、どちらかで納税していただくことになります。
会社の経理の人に確認し、給与および退職金から一括して納税する方法(一括徴収)
残りの市民税・県民税を本人が直接、納税する方法(普通徴収)

 

年の途中で死亡した方の市民税

市民税・県民税の課税の基準日が1月1日なので、1月2日以降に死亡された方でも、その年の市民税・県民税は課税されます。その際、相続人に納税の義務を継承するようになります。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務徴収課 市民税Gです。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る