1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 税金>
  4. 市税>
  5. 固定資産税

固定資産税

窓口 総務部税務徴収課資産税グループ 各支所

固定資産税と税額の計算

固定資産税とは、賦課期日(毎年1月1日)現在で土地、家屋、償却資産を所有している方が納める税金です。
ただし、所有者が賦課期日前に死亡している場合等には、その土地、家屋等を現に所有している方が納税義務者になります。
税額の計算は、土地、家屋、償却資産の課税標準額の合計額に1.4%をかけて算出します。
ただし、所有するそれぞれの資産の課税標準額の合計が次の額に満たないときには、固定資産税は課税されません。

土地 30万円
家屋 20万円
償却資産 150万円

 

大宮地域の一部の地区の固定資産(宅地)の評価方法について

固定資産税は3年ごとに評価替えを行います。平成27年の評価替えから大宮地域の一部地区の宅地評価方法を「市街地宅地評価法(路線価方式)」に変更しました。
詳しくは、下欄にある関連ファイルダウンロード内の「大宮地域の一部の地区で固定資産(宅地)の評価方法が変わります」及び「市街地宅地評価法(範囲図)」をご覧ください。


家屋の評価方法

家屋の評価は、評価の対象となった家屋と全く同一のものを、評価の時点においてその場所に新築することとした場合に必要とされる建築費に、家屋の建築後の経過によって生じる損耗の状況による減価率を乗じて評価額を算出します。
したがって、評価替えの年度から次の評価替えの年度までの間の建築費の上昇率が減価率を上回る場合、評価額が上がることとなり、反対に建築費の上昇率が減価率を下回る場合は、評価額が下がることになります。
しかし、固定資産税においては、評価替えによる評価額が評価替え前の価格を上回る場合には、現実の税負担を考慮して評価替えの前の価格に据え置くこととされています。


家屋の滅失

取り壊しをした年の翌年から課税の対象となりません。未登記の場合は、窓口で建物滅失届の提出が必要となります。
登記済みの家屋の場合は、法務局で家屋の滅失登記をしてください。


償却資産の申告について

償却資産とは土地・家屋以外の事業の用に供することができる資産で、税務会計(法人税・所得税)において、減価償却の対象となる資産をいいます。
償却資産をお持ちの方は、毎年1月1日現在の資産の状況などについて申告していただく必要があります。

○ 申告書の提出期限

償却資産申告書の法定提出期限は1月31日です。期限間近になりますと窓口が混雑しますので、早めの提出をお願いします。

○ 償却資産の評価方法

償却資産の評価額は、国による固定資産評価基準に基づき、資産の取得時期、取得価額及び耐用年数をもとにして、資産一品毎に次の計算式により算出します。

○ 評価額の計算方法

前年中に取得したもの   価格(評価額) = 取得価額 × (1-減価率/2)※
前年よりも前に取得したもの   価格(評価額) = 前年度の価格 × (1-減価率)

※小数点以下3位未満切捨て
固定資産評価基準で定める次の表の耐用年数に応じた減価率を用います。

「固定資産評価基準」別表第15減価率
(「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」別表第7の減価率(旧定率法))

耐用年数 減価率 減価残存率 耐用年数 減価率 減価残存率
前年中取得 前年前取得  前年中取得 前年前取得
1-減価率/2 1-減価率 1-減価率/2 1-減価率
2 0.684 0.658 0.316 13 0.162 0.919 0.838
3 0.536 0.732 0.464 14 0.152 0.924 0.848
4 0.438 0.781 0.562 15 0.142 0.929 0.858
5 0.369 0.815 0.631 16 0.134 0.933 0.866
6 0.319 0.84 0.681 17 0.127 0.936 0.873
7 0.28 0.86 0.72 18 0.12 0.94 0.88
8 0.25 0.875 0.75 19 0.114 0.943 0.886
9 0.226 0.887 0.774 20 0.109 0.945 0.891
10 0.206 0.897 0.794 21 0.104 0.948 0.896
11 0.189 0.905 0.811 22 0.099 0.95 0.901
12 0.175 0.912 0.825        



太陽光発電設備等(再生可能エネルギー発電設備)に係る課税について 

家屋の屋根※1、野立て等に太陽光パネルを設置して発電量を売電する場合、設置した太陽光パネル等の設備は固定資産税(償却資産)の課税対象となります。太陽光パネルの発電規模及び設置状況等による課税内容は下表のとおりです。

償却資産に該当する場合には、固定資産税(償却資産)の申告を忘れずにお願いします。

設置者および発電規模別の課税区分

設置者

10kw以上の太陽光発電設備
(余剰売電・全量売電)

10kw未満の太陽光発電設備
(余剰売電)

個人(住宅用)

家屋の屋根などに経済産業省の認定を受けた太陽光発電設備を設置して発電量の全量又は余剰を売電する場合は、売電するための事業用資産となり、発電に係る設備は課税の対象となります。

売電するための事業用資産とはならないため、償却資産としては課税の対象となりません。

個人(事業用)

個人であっても事業用に供している資産については、発電出力量や、全量売電か余剰売電かにかかわらず、償却資産として課税の対象となります。

法 人

事業の用に供している資産となるため、発電出力量や、全量売電か余剰売電かにかかわらず、償却資産として課税の対象となります。

※1 建材型ソーラーパネルで、屋根材として家屋の評価に含まれたものを除きます。


太陽光発電設備等(再生可能エネルギー発電設備)に係る課税標準の特例について

下記に該当する再生可能エネルギー発電設備について、固定資産税の課税標準の特例が適用されます。

【平成24年5月29日から平成28年3月31日までに取得した場合】

○対象設備
経済産業省による固定価格買取制度の認定を受けて取得された再生可能エネルギー発電設備(蓄電設備、変電設備、送電設備を含む)。ただし、住宅等太陽光発電設備(低圧かつ10kw未満)を除きます。

○特例内容
対象設備について新たに固定資産税が課せられることとなった年度から3年度分に限り、固定資産税の課税標準となるべき価格を2/3に軽減します。

○申請方法
償却資産申告書に下記の書類を添えて提出してください。

・固定資産税(償却資産)特例適用申請書
・経済産業省が発行した「再生エネルギー発電設備の認定通知書」の写し
・電気事業者と締結している「特定契約書」の写し
・その他参考となる図面等

【平成28年4月1日から平成30年3月31日までに取得した場合】

○対象設備
経済産業省による固定価格買取制度の認定を受けていない設備で、かつ再生可能エネルギー事業者支援事業費補助金を受けて設置した自家消費型太陽光発電設備。

○特例内容
対象設備について新たに固定資産税が課せられることとなった年度から3年度分に限り、固定資産税の課税標準となるべき価格を2/3に軽減します。

○申請方法
償却資産申告書に下記の書類を添えて提出してください。
  
・固定資産税(償却資産)特例適用申請書
・「一般社団法人環境共創イニシアチブ」が発行した「再生可能エネルギー事業者支援事業費補助金交付決定通知書」の写し
・その他参考となる図面等


【平成30年4月1日から令和2年3月31日までに取得した場合】
 
○対象設備
経済産業省による固定価格買取制度の認定を受けていない設備で、かつ再生可能エネルギー事業者支援事業費補助金を受けて設置した自家消費型太陽光発電設備。

○特例内容
対象設備について新たに固定資産税が課せられることとなった年度から3年度分に限り、固定資産税の課税標準となるべき価格を下記のとおり軽減します。

・1,000kw未満の設備…2/3
・1,000kw以上の設備…3/4

○申請方法
償却資産申告書に下記の書類を添えて提出してください。
  
・固定資産税(償却資産)特例適用申請書
・「一般社団法人環境共創イニシアチブ」が発行した「再生可能エネルギー事業者支援事業費補助金交付決定通知書」の写し
・その他参考となる図面等

【根拠法令】
地方税法附則第15条第32項
地方税法施行規則附則第6条第58項

【その他】
・太陽光発電設備用地の評価地目は、宅地又は雑種地となります。
・売電に係る収入については、確定申告又は市県民税申告が必要となる場合があります。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務徴収課 資産税Gです。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る