1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 保険・年金>
  4. 医療福祉(マル福)制度

医療福祉(マル福)制度

窓口: 保健福祉部医療保険課医療・年金グループ・各支所

この制度は、健康保険各法の規定する患者負担分を公費で助成する制度です。
対象となるのは下表のとおりです。

種類 適用条件 期限
妊産婦 ・妊娠して親子健康手帳の交付を受けた方 出産日の翌月末日まで
小児 ・高校3年生までの乳幼児、児童及び生徒(高校生は入院のみ対象) 18歳に達する日以後の最初の3月31日まで(高校3年生まで)
母子・父子家庭 ・次の項目に該当する児童を監護する母子、父子家庭の父母と児童
(ア)18歳未満の児童
(イ)20歳未満の障害児
(ウ)20歳未満の高校在学者
・父母のいない児童
それぞれの年齢に達するまで
重度心身障害者

・身体障害者手帳1級、2級の所持者及び内部障害3級の所持者
・療育手帳マルA及びAの判定を受けている方
・障害年金1級の受給権者

・精神障害者保健福祉手帳1級の所持者

 

自己負担額

区分 外来自己負担 入院自己負担
小児

医療機関ごと

1日600円 月2回限度

※小児・ひとり親家庭の中学3年までの児童及び妊産婦は,外来自己負担金の助成があります

医療機関ごと1日300円

月3,000円限度

 

ひとり親家庭(母子・父子)
妊産婦
重度心身障害者 外来・入院自己負担なし

 

使い方

1.茨城県の医療機関等を受診する場合

医療福祉費受給者証と健康保険証を受診する医療機関等の窓口へ提出し,制度で定める自己負担

金をお支払いください。

なお,小児・ひとり親家庭の中学3年生までの児童のお支払いいただいた外来自己負担金をお返ししております。原則,申請は不要ですが以下の場合は「4.申請時に必要なもの」をお持ちいただいて申請が必要となります。【診療月の翌月以降に申請してください】

・医療機関等を月1回かかり,自己負担金が600円未満【※診療報酬点数が200点以下(3割負担の方)または300点以下(2割負担の方)】だった場合

・医療機関等を月2回かかり,どちらも自己負担金が600円未満【※診療報酬点数が200点以下(3割負担の方)または300点以下(2割負担)】だった場合

 

2.茨城県外の医療機関等を受診した場合

医療福祉費受給者証が利用できませんので,医療保険各法の一部負担金をお支払い後,「4.申請時に必要なもの」をお持ちいただいて申請をしてください。【診療月の翌月以降に申請してください】

 

3.妊産婦の場合

産婦人科もしくは産婦人科医からの紹介状なしに産婦人科以外の医療機関等を受診した場合,医療福祉費受給者証が利用できませんので,医療保険各法の一部負担金をお支払い後,「4.申請時に必要なもの」をお持ちいただいて申請をしてください。【診療月の翌月以降に申請してください】

また,産婦人科を受診した場合で以下のいずれかに該当する場合も申請が必要です。

・医療機関等を月1回かかり,自己負担金が600円未満【※診療報酬点数が200点以下(3割負担の方)または300点以下(2割負担の方)】だった場合

・医療機関等を月2回かかり,どちらも自己負担金が600円未満【※診療報酬点数が200点以下(3割負担の方)または300点以下(2割負担)】だった場合

 

4.申請時に必要なもの

  ・医療福祉費受給者証

  ・保険診療分の内訳が記載された領収書原本(1か月単位での申請となります)

  ・認め印

所得制限

所得の基準及び該当所得

区分 基準 該当所得
妊産婦 親子健康手帳を発行された月が1月から6月 前々年の所得
親子健康手帳を発行された月が7月から12月 前年の所得
小児 1月から6月生まれ 前々年の所得
7月から12月生まれ 前年の所得
ひとり親(母子・父子)

7月1日

前年の所得
重度心身障害者 7月1日 前年の所得

 

所得制限金額

小児の父母

合計扶養人数 内,老人控除対象配偶者又は老人扶養人数
1人 2人
0人 6,220,000円    
1人 6,600,000円 6,660,000円  
2人 6,980,000円 7,040,000円 7,100,000円

※扶養親族1人につき38万円加算(当該扶養親族が老人扶養親族の場合は,1人につき更に6万円を加算)

 総所得金額から一律8万円控除

ひとり親家庭の父又は母

合計扶養人数 内,老人控除対象配偶者又は老人扶養人数
1人 2人
0人 3,016,000円    
1人 3,396,000円 3,496,000円  
2人 3,776,000円 3,876,000円 3,976,000円

※扶養親族1人につき38万円加算(当該扶養親族が老人扶養親族の場合は1人につき更に10万円を加算,

 特定扶養親族及び16歳から18歳の扶養親族の場合は,1人につき更に15万円を加算)

 総所得金額から一律8万円控除

重度心身障害者

扶養親族数 本人 配偶者・扶養義務者
0人 5,129,000円 6,287,000円
1人 5,509,000円 6,536,000円
2人以上 扶養親族1人につき38万円加算 扶養親族1人につき21万3千円加算

※1 本人の場合,当該扶養親族が老人扶養親族の場合は1人につき10万円を加算,特定扶養親族及び

   16歳から18歳の扶養親族があるときは,当該扶養親族1人につき更に25万円を加算

※2 配偶者・扶養義務者の場合,老人扶養親族1人につき6万円を加算(ただし,当該老人扶養親族のほかに扶養親

   族数等がいないときは,当該老人扶養親族のうち1人を除いた老人扶養親族1人につき6万円を加算)

※3 総所得金額から一律8万円を控除

 

マル福対象となる医療費

対象となる医療費 対象とならない医療費

・医療保険が適用となる入院及び外来診療費

・医師の処方箋により処方された薬代

・医療保険が適用となる接骨院,整骨院等の施術費

・医療保険が適用となる治療用装具費(コルセット)の自己負担額

・健康診断や予防接種の費用

・薬の容器代

・文書料

・入院時の食事代や差額ベッド代

・他の公費負担医療制度により助成される金額 等

 

受給者証の更新

受給者証は毎年更新があります。(妊産婦を除く)

更新時期は以下のとおりです。

原則申請手続きは不要で,更新時期までに郵送にてお送りします。

ただし,支給要件の確認が必要な方につきましては手続きが必要です。手続きをされないと資格喪失となりますのでご注意ください。

区分 更新時期
小児 誕生月の翌月1日(1日生まれの方は誕生日となります)
ひとり親 7月1日
重度心身障害者 7月1日

 

届け出が必要な場合

 

理由 届け出に必要なもの
保険証が変わったとき 受給者証・保険証・印鑑
住所・氏名が変わったとき 受給者証・印鑑
指定口座が変更になったとき 口座情報のわかるもの・印鑑
母子・父子家庭該当者が婚姻したとき 受給者証

 

学校等での怪我の場合(登下校時も含む)

子どもで学校の管理下における災害(負傷)等については,学校で加入する日本スポーツ振興センターの給付制度が優先となるため,センター災害共済給付の範囲においては支給の対象となりません。ただし,センターの給付対象外(初診から治癒までの保険診療分自己負担額が1,500円未満)の場合は,マル福で助成します。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは医療保険課 医療・年金Gです。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る