1. ホーム>
  2. 市政>
  3. 行政評価>
  4. 行政評価について

行政評価について

 行政評価は,市が実施する事務事業の「目的」を明確にしたうえで,評価指標から目的達成状況の把握・分析を行い,妥当性,有効性,効率性,公平性のそれぞれの視点で検証し,今後の事務事業の方向性を導き出すとともに,限られた財源を効率的かつ効果的に活用するために実施しています。

1 事務事業評価の目的

(1)事務事業の進行管理
執行状況や進捗状況を的確に把握し,計画的・効率的な事業の推進を図ります。
(2)コストを意識した効率的・効果的な行政運営
事務事業執行の効率と成果の評価をとおして,職員が常にコスト意識を持つことで,効率的・効果的な行政運営に努めます。
(3)市民に対する説明責任
事務事業を評価し,市民に分かりやすく公表することで,行政としての説明責任を果たす役割をしています。

2 評価の方法について

(1)内部評価
 事務事業評価の実施にあたっては,常陸大宮市事務事業評価実施要綱に基づき,それぞれの事務事業担当者が[1]妥当性評価(事業の必要性,市関与の必要性),[2]有効性評価(事業の成果),[3]効率性評価(事業費の削減余地),[4]公平性評価(受益者負担)の4つの視点で自己評価を行い,その結果を踏まえて,総合的な評価と今後の方針(事務事業のあり方)を決定します。
 また,担当課(局)の評価内容について,市内部による総合的・横断的な審査を行うため,常陸大宮市事務事業評価審査会を組織し,事務事業評価書の審査を行っています。
 
【事務事業評価結果】
平成22年度事務事業評価結果(内部評価)
平成23年度事務事業評価結果(内部評価)
平成24年度事務事業評価結果(内部評価)
平成25年度事務事業評価結果(内部評価)  
平成26年度事務事業評価結果(内部評価)
平成27年度事務事業評価結果(内部評価)

(2)外部評価
 行政に関する識見を有する者等を委員とする常陸大宮市外部評価委員会を設置し,外部の意見を取り入れることにより当該評価の客観性及び透明性を図り,平成22年度・平成23年度において外部評価を実施しました。
 
 【外部評価結果報告書】
平成22年度行政評価外部評価報告書
平成23年度行政評価外部評価報告書
 

行政評価システムについて

 行政評価システムとは,行政活動における目的を明確にしたうえで,活動の結果や成果がどうだったのか,一定の基準,視点にそって評価を行います。
 PDCAマネジメントサイクルによって,施策の立案や事務の見直しなど,行政運営の改善につなげる仕組みです。

 

PDCAマネジメントサイクルのイメージ図

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 行政改革推進室(行政改革推進G)です。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る