1. ホーム>
  2. 教育・文化・スポーツ>
  3. 歴史・文化財>
  4. 泉坂下遺跡>
  5. 泉坂下遺跡シンポジウム開催!

泉坂下遺跡シンポジウム開催!

平成26年11月9日、市文化センター小ホールで、泉坂下遺跡シンポジウムを開催し、市内外から約230人が来場しました。
 常陸大宮市泉にある泉坂下遺跡は、貴重な弥生時代(約2300~2200年前)の再葬墓(※)の遺跡として有名で、国内最大の人面付壺形土器が出土したことでも知られています。泉坂下遺跡は、まだ不明な点の多い東日本の弥生時代を研究するうえで、カギを握る存在と言われていて、平成24年度から市によって確認調査が進められています。 今回のシンポジウムでは、まず基調報告として、ここまでの調査で判明した再葬墓の分布状況などについて、考古学者の鈴木素行氏から報告を受けました。
 その後パネルディスカッションが行われ、パネラーの明治大学教授の石川日出志氏、陶芸家の菊地弘氏、地域活動家の野澤和弘氏の3人から、泉坂下遺跡の持つ考古学的な価値、芸術的な価値、地域資源としての価値とその影響力について意見交換をしました。
 またシンポジウムに先駆けて現地説明会も開催され、今年度の確認調査成果について報告を行っています。
 泉坂下遺跡の確認調査は、今後も市によって進められる予定です。
 東日本の弥生時代研究の進展に期待しましょう。
(※)再葬墓とは、遺体を白骨化させたあと、その骨を土器などに入れて埋めた墓で、弥生時代の東海地方から東北地方に分布します。
(「広報常陸大宮11月号」から)
泉坂下遺跡シンポジウム

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化スポーツ課 文化スポーツGです。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る