本文へ移動する
  1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 住民・戸籍>
  4. マイナンバー>
  5. マイナンバー制度にかかる特定個人情報保護評価

マイナンバー制度にかかる特定個人情報保護評価

特定個人情報保護評価とは

 マイナンバー制度は,より公平公正な社会,社会保障がきめ細やかかつ的確に行われる社会,行政に過誤や無駄のない社会,国民にとって利便性の高い社会,国民の権利を守り,国民が自己に関する情報をコントロールできる社会の実現を目指し,平成28年1月から導入されます。
 
 マイナンバー制度の導入にあたっては,情報漏えい等のリスク軽減を目的として,法律の規定に従い,特定個人情報保護評価を実施する必要があります。
 
 特定個人情報保護評価とは,特定個人情報ファイルを保有する行政機関が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。

常陸大宮市の特定個人情報保護評価について

 特定個人情報保護評価は,マイナンバーを利用する事務単位で実施されます。

詳細はこちら

 

関連リンク

特定個人情報保護評価(内閣官房HP)

特定個人情報保護評価(特定個人情報保護委員会HP)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 情報・統計Gです。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る