1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 住まい・生活>
  4. 伐採及び伐採後の造林届出制度について

伐採及び伐採後の造林届出制度について

市内の森林を伐採するときには,事前に市に「伐採及び伐採後の造林届出書」の提出が必要です。(森林法第10条の8)

私たちの生活になくてはならない貴重な財産である森林を無秩序に伐採することは,森林の多様な機能を損なうだけでなく,様々な災害を引き起こすなど,私たちの生活に多大な影響を及ぼします。
 そのため森林法では,地域森林計画対象民有林(5条森林)において,伐採及び伐採後の造林が適正に行われるように,樹木の伐採前に「伐採及び伐採後の造林届出書」を市に提出しなければならないことになっています。

伐採及び伐採後の造林届出書の提出を怠ったり,届出書を提出していても,届出内容と異なる行為を行った場合には森林法により罰せられることがあります。

 1haを超える森林の開発を行う場合は,別に県知事の許可を受けなければなりません。また,保安林に指定されている森林を伐採する場合にも県知事の許可が必要です。

●届出方法
 ・届出が必要な方
  森林所有者や立木を買い受けた方。
 ・伐採届の提出期間
  伐採を始める90日から30日前まで
 ・提出先
  常陸大宮市役所経済建設部農林課
 ・届出用紙
  届出用紙は農林課にあります。
  関連ファイルからもダウンロードできますので,ご利用ください。
 ・添付書類
  ・伐採する場所の位置図
  ・伐採する面積のわかるもの(公図等)
 
 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農林振興課 農林整備Gです。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る