1. ホーム>
  2. くらし>
  3. くらしのお知らせ>
  4. 限度額適用認定証及び限度額適用・標準負担額減額認定証の更新について

くらし

ブックマーク

限度額適用認定証及び限度額適用・標準負担額減額認定証の更新について

 現在常陸大宮市国民健康保険に加入している方がお持ちの「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」の有効期限は平成30年7月31日までとなっています。平成30年8月以降も引き続き限度額適用認定証等をお使いになる場合は再度申請を行う必要があります。
 ご希望の方は、医療保険課または各支所の窓口で手続きをしてください。
  申請は随時受け付けますが、限度額適用認定証等が使えるのは申請した月の1日からです。

<手続きに必要なもの>
 ・国民健康保険被保険者証
 ・印鑑(朱肉を使うもの)
 ・世帯主および対象者の個人番号(マイナンバー)がわかるもの
 ・住民税非課税世帯の方で、過去1年間の入院期間が91日以上の方は、入院期間を確認できる書類(医療機関の領収書など)

 ※平成29年中の所得の申告をしていない世帯、国民健康保険税に未納がある世帯の場合交付されないことがありますのでご注意ください。 

【限度額適用認定証等について】
入院や外来等で医療費が高額になる場合、国民健康保険被保険者証とともに限度額適用認定証等を医療機関等の窓口で提示することによって、一医療機関ごとのひと月分の医療費の負担(保険適用分)が自己負担限度額までになります。限度額適用認定証等は事前の申請が必要です。申請が必要な方は下表(平成30年8月診療分から)のとおりです。

区分

認定証申請手続き

保険証とともに医療機関等に提示するもの 

70歳未満の方

 住民税非課税世帯

申請をしてください

 

 

 限度額適用・標準負担額減額認定証

 住民税課税世帯

 限度額適用認定証

 

70歳以上の方

 

 住民税非課税世帯

 限度額適用・標準負担額減額認定証

住民税課税世帯
(負担区分:一般)
申請の必要はありません  

住民税課税世帯
(負担区分:現役並I・II)

申請をしてください

限度額適用認定証

 住民税課税世帯
(負担区分:現役並III)

申請の必要はありません 

 


※この場合の住民税非課税世帯とは、同一世帯の世帯主とすべての国民健康保険被保険者が住民税非課税の世帯です。
※自己負担限度額は所得区分等により異なります。詳しくはお問合せください。
※住民税非課税世帯の方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示すると、入院時の食事代も減額になります。
※70歳以上の方で限度額適用認定証等の申請が必要な方には、7月下旬に郵送した被保険者証兼高齢受給者証に申請書を同封しています。申請書が届いた方は医療保険課または各支所の窓口で申請をしてください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは医療保険課 国保Gです。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る