ホストタウンとしての取組

1.ホストタウンとは

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて,参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を行う地方公共団体を国が登録するものです。

 

2.パラオ共和国と常陸大宮市のつながり

 先の太平洋戦争中にパラオ共和国ペリリュー島で行われた,日本軍とアメリカ軍の地上戦闘では,日本軍守備隊10,500名に対しアメリカ軍48,000名の壮絶な死闘が繰り広げられ,日本軍守備隊の戦死者は10,022名となりました。日本の主力部隊が茨城県水戸市に駐屯地を置いた「水戸歩兵第二連隊」であったことから,茨城県出身の方が2,320名,その中に常陸大宮市出身者も75名含まれていました。

 また,終戦から1年半以上たった昭和22年4月までペリリュー島で戦闘を続けた元日本兵34名が生還し,その中に本市出身者が1名いました。

 戦後は,遺族を中心としてパラオ共和国への慰霊訪問が行われ,現在に至るまでパラオの人々と交流があります。

 

関連資料

 ・これまでの主な交流についてはこちら

 ・ホストタウン交流計画

 

3.宮城県蔵王町との連携について

 常陸大宮市と同様に,宮城県蔵王町もパラオ共和国と歴史的なつながりがあります。また,東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のパラオ共和国の「ホストタウン」として国の登録を受けました。

 そのような中,2016年(平成28年)12月に,両市町においてパラオ共和国選手団の事前キャンプの受入れや同国との相互交流の実現に協力し,さらには,両市町の交流を深めることを目的とした「蔵王町・常陸大宮市東京オリパラ推進協議会」を設立しました。

 今後も両市町が連携し,事前キャンプの実施をはじめ,ホストタウン交流計画に基づき,様々な交流を推進していくことを目指しています。

蔵王町・常陸大宮市東京オリパラ推進協議会設立

 

4.パラオ共和国からの研修生受入について

 2017年度(平成29年度),常陸大宮市ではホストタウン交流計画に基づき,パラオ共和国より3名の研修生を受け入れました。研修生3名は日本語の学習をしながら,日本の文化や歴史を学び,東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた総合的な研修を行いました。ご支援・ご協力いただきました皆様には,厚く御礼を申し上げます。

 

関連資料

 ・研修生活動実績報告書についてはこちら

 ・学校訪問交流事業総括報告書はこちら

 

5.これまでに開催した市主催イベント

2017年度(平成29年度)オリンピアン・パラリンピアン交流事業 

オリンピアン(岡崎朋美氏)交流事業

オリンピアン:岡崎 朋美 氏

パラリンピアン(半谷静香氏)交流事業

パラリンピアン:半谷 静香 氏

2018年度(平成30年度)パラオフェアin Hitachiomiya 

パラオ政府観光局・芝村氏

パラオ政府観光局 芝村 剛 代表

高校生ボランティア・ジェニー

高校生の皆さんとジェニー・オテイ氏

2018年度(平成30年度)オリンピアン交流事業

オリンピアン(野上修氏)

オリンピアン:野上 修 氏(常陸大宮大使)

2018年度(平成30年度)パラリンピアン交流事業

パラリンピアン(三宅克己氏)

パラリンピアン:三宅 克己 氏

6.ホストタウンPR活動

 常陸大宮市では,東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたパラオ共和国のホストタウン・事前キャンプ地として,各種イベントにおいてホストタウンPR活動を行っています。

 

関連資料

2017年度(平成29年度) ホストタウンPR活動実績

2018年度(平成30年度) ホストタウンPR活動実績

 

関連リンク

内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部

茨城県県民生活環境部オリンピック・パラリンピック課

宮城県蔵王町

組織委員会ウェブバナー

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画政策課 東京オリパラ推進室(東京オリパラ推進G)です。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る