1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 平成30年度常陸大宮市地域おこし協力隊募集について

平成30年度常陸大宮市地域おこし協力隊募集について

常陸大宮市は茨城県北西部の関東平野と山地の境界部に位置し、東に久慈川、南に那珂川の2大河川に挟まれた、自然の恵み豊かなまちです。また、北西部からその清流の流れに沿って、奥久慈県立自然公園や御前山県立自然公園などが含まれる広大で起伏の多い山地、ゴルフ場などが点在する丘陵と畑地帯、そして南東部の河川の流域には水田地帯が開けています。

このように自然豊かな常陸大宮市ですが、少子・高齢化のスピードは速く、集落の一部では耕作放棄地の増加が顕著であり、今後、多面で活力の低下が心配されます。

その様なことから、平成28年4月より地域おこし協力隊を採用し、常陸大宮市を盛り上げようと日々活動を行っておりますが、今回さらに、地域の活性化を高めるために協力隊を募集します。

◎活動内容

【以下の活動内容を募集します。】

(1)アートを活用した地域活性化

  • アートイベントなどの企画や運営、コーディネートを行う。
  • アートによるまちづくりの情報発信を行う。
  • その他市内芸術文化の振興に関する活動を行う。
  • 伝統文化とアートの融合による地域の活性化を図る。

(2)街並みを活用した地域活性化

  • 市内における伝統的な建築物、自然景観などの街並みを活用したイベント企画や運営を行い、新たな魅力を掘り起こしながら、地域の活性化及び市内への集客を図る。
  • 市内に点在する山城のPR活動を行うと共に、山城を活用したイベント企画やツアー企画、運営などを行い市内への集客を図る。

(3)情報発信業務

  • イベント取材やインタビューを行い記事を作成し市内外へ発信する。
  • 常陸大宮市の注目度を向上させるためのPR活動を行う。
  • SNSを活用しリアルタイムな情報や魅力を外部に発信する。
  • その他、新たな情報発信の基盤作りを行う。

(4)果実を活用した地域活性化

  • 手が入れられなくなり放置されている柚子や梅を活用した新たな特産品の開発を行う。
  • 市内で生産されるブルーベリーを活用した新たな特産品の開発を行う。
  • 果実を活用した新商品開発や新たなサービスの展開など6次産業化も視野に入れた取り組みを推進する。

(5)竹・タケノコの未利用資源を活用した地域活性化

  • 久慈川流域における荒廃竹林の再生を推進する。
  • タケノコや竹を活用した新たな特産品開発を行う。
  • 竹や再生竹林を新たな地域の魅力として発信するイベントの企画や運営を行う。

(6)アウトドアによる地域活性化

  • 市内の自然を活用したイベント企画や運営を行う。
  • 自然を活用した体験型観光の構築を行う。
  • 自転車を活用した活性化として、イベント企画や運営を行う。
  • 市内のトレッキングコースを活用したイベント企画や運営を行う。

(7)チャレンジ枠(自由提案型)

  • 隊員自らが提案するチャレンジ枠
  • あなたの経験や自由な発想で常陸大宮市を活性化させてください。
◎募集対象

下記の1から8の全ての要件を満たす方

  1. 平成31年4月1日現在で20歳以上45歳未満の方
  2. 3大都市圏をはじめとする都市地域等(条件不利地域以外)から、常陸大宮市に生活拠点を移し、住民票を異動させることができる方
  3. 普通自動車運転免許を所持している方
  4. パソコン操作(ワード、エクセル、パワーポイント、メール等)及びインターネットを容易に活用できる方
  5. 心身ともに健康で誠実に職務を遂行できる方
  6. 地域住民と積極的にコミュニケーションを図り、常陸大宮市を元気にするために意欲的に行動できる方
  7. 市の条例及び規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方地方公務員法第16条の欠格事項に該当しない方
  8. 地方公務員法第16条の欠格事項に該当しない方
◎募集人数

概ね4名

◎活動場所

常陸大宮市内

◎勤務時間

1日7時間(週35時間)

9時00分~17時00分(うち休憩1時間)

休日出勤及び時間外は振替対応とします。

◎任用形態・任用期間

常陸大宮市非常勤特別職

平成31年4月1日から平成32年3月31日まで(委嘱の日から3年を限度とする任用延長あり)

◎報酬

月額166,000円

◎待遇・福利厚生
  1. 社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険)に加入します。
  2. 常陸大宮市が借り上げた住居を貸与します。ただし、転居にかかる費用や生活必需品、光熱費等は自己負担となります。
  3. 活動に必要な車、パソコン等は貸与します。
  4. 年次有給休暇の適用があります。
  5. 市内で起業する協力隊に対し、予算の範囲内で地域おこし協力隊起業支援補助金を交付します(条件あり)。
  6. その他、活動に必要な経費は、常陸大宮市の予算の範囲内で負担します。
◎申込受付期間

平成30年10月5日(金)~平成30年11月30日(金)

◎選考の流れ

平成30年11月30日(金)までに、下記の書類を常陸大宮市地域創生部地域創生課宛てに郵送してください。(必着)

  1. 常陸大宮市地域おこし協力隊応募用紙(別紙)
  2. 自己PRレポート

「自分の特徴と自分が考える地域おこし協力隊活動」について(任意の用紙800字程度)

【一次選考】

  • 提出書類をもとに書類審査を行います。
  • 合否の判定は応募者全員に文書にて通知します。合格した方については、併せて二次選考以降の日程詳細を通知します。

【二次選考】

  • 本市市役所において面接審査を行い、後日、合否の判定を文書で通知します。
  • 選考に要する交通費等は自己負担となります。
◎申込及びお問い合わせ先

常陸大宮市地域創生部地域創生課地域創生企画室

〒319-2292

茨城県常陸大宮市中富町3135-6

電話:0295-52-1111(代)

FAX:0295-53-6502

Eメール:sousei@city.hitachiomiya.lg.jp

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは地域創生課 地域創生企画室です。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

スマートフォン用ページで見る