1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 保険・年金>
  4. 後期高齢者医療保険>
  5. 後期高齢者医療保険料均等割額9割軽減の皆様へ

後期高齢者医療保険料均等割額9割軽減の皆様へ

後期高齢者医療保険料の均等割について,これまで特例措置により9割軽減となっていた方は,今年度8割軽減(注)に変わります。

介護保険料については,今年度所得の低い高齢者への保険料の負担軽減が強化されます。所得の低い年金受給者の方へは,今年10月から年金生活者支援給付金(基準額月5,000円)の制度が始まります。

(注)翌年度以降は特例措置に対する国庫補助が完全に廃止され,本則の7割軽減に変わります。

【9割軽減となっていた方の保険料の変化】

年度 平成30年度 平成31年度(令和元年度)
軽減割合 9割軽減 8割軽減
保険料額 3,900円(月平均325円) 7,900円(月平均658円)

・介護保険料軽減は同一世帯に住民税課税者がいる場合は対象外となります。

・老齢年金生活者支援給付金(補足的な給付を含む)の場合,支給要件(65歳以上で老齢基礎年金

 を受給中,世帯全員の市町村民税が非課税,前年の年金収入額と所得額の合計が879,300円以

 下)をすべて満たす必要があります。金額は保険料を納めた期間等により異なり,基本的に10,

 11月分を12月(年金の支払日と同日)に振込みます。

・後期高齢者医療保険料を年金からの引き落としで納めている場合,引き落とし額への影響は10月

 からです。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは医療保険課 医療・年金Gです。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る