くらし

常陸大宮市消防団

消防団とは

消防団は消防組織法に基づき設置された消防機関です。
地域における消防防災のリーダーとして、平常時・非常時を問わずその地域に密着し、住民の安心と安全を守るという重要な役割を担っています。

消防団員の身分と処遇

消防団員は非常勤特別職の地方公務員です。
災害現場で危険な活動に従事することから、活動中に死亡、負傷もしくは疾病等にかかった場合には公務災害補償が受けられます。
また、消防団を退職した際には功労金的な性格の退職報償金が在職年数及び退団時の階級に応じて支払われます。

消防団の活動

消防団の活動は多岐にわたります。
平常時には訓練や住民への啓発、広報活動、防火指導、救急指導などがあります。
非常時には火災の鎮圧はもとより地震や風水害など大規模災害時の救助、救出、避難誘導、警戒、防除などに関する活動を行います。

久慈川水系連合水防訓練 常陸大宮市・日立市・常陸太田市・那珂市・東海村の5市村が合同で、水防体制の強化と防災意識の高揚を図ることを目的に水防訓練を行います。
新入団員教養訓練 新しく入団した消防団員に礼式等の訓練を行います。
常陸大宮市消防ポンプ操法競技大会 常陸大宮市消防団員の強固な消防精神を養成し、厳正な規律と旺盛な士気のもと、消防ポンプ操法の熟練と敏速確実な団体行動の徹底を図り、もって火災防御上の諸般の要求に適応させることを目的に開催しています。
茨城県消防ポンプ操法競技大会県北地区大会 県北地区の消防団が出場し、操法の技術などを競います。
常陸大宮市消防ポンプ操法競技大会において優勝した分団が出場します。
中継送水訓練 消防技術の向上と士気の高揚及び消防資器材等の操作に精通することで、消防活動の充実強化に資することを目的としています。
火災予防広報 広報活動を通じて、地域の防災意識の向上を目指しています。
常陸大宮市消防出初式

消防団員の新たなる決意と防災意識の普及を図るとともに、市民の方への防火・防災に対する意識をより一層高めることを目的に行います。

 

組織概要

消防団本部 指導員会 分団
団長
副団長
本部員
指導員 ≪大宮地域≫
第1分団~第5分団
≪山方地域≫
第6分団~第9分団
≪美和地域≫
第10分団~第12分団
≪緒川地域≫
第13分団~第15分団
≪御前山地域≫
第16分団~第18分団
≪市内全域≫
女性分団

※機能別消防団員は各分団に所属

※機能別消防団員とは、主に消防団を引退した方がその豊富な経験や知識を活かして消防団活動に助力するためのものです。

最近の活動

○平成31年常陸大宮市消防出初式(平成31年1月13日)

出初式


○第69回茨城県消防ポンプ操法競技大会県北地区大会(平成30年9月30日)
【ポンプ車操法の部】
自動車
↑第16分団が見事優勝し、県北地区の代表として、中央大会に出場しました。

【小型ポンプ操法の部】
小型
↑第11分団が出場し、準優勝という好成績を収めました。

新入団員の募集

~自分たちの街だから、自分たちの手で、守りたい。~
「私たちはなれる。もしもの時のヒーローに。」

消火中女性消防団

常陸大宮市消防団では、消防団員を募集しています。
男性団員はもちろんのこと、女性団員も募集しています。

「もしも」の時のために、仕事と両立しながら参加できるのが消防団です。

みんなが、それぞれの仕事を持ちながら参加しているのが消防団。2つの顔を上手に両立しながら活動しています。消防団の活動は消火や防災だけではありません。地域のことをよく知っているあなただからこそ、できることがあります。

あなたのチカラを、消防団で活かしてみませんか。

消太放水

○入団資格
1.年齢18歳以上の方(男女)
2.心身ともに健康な方
3.常陸大宮市内に居住または勤務する方
○入団方法
ご自身の居住または勤務地域の消防分団に直接連絡していただくか、下記の問い合わせ先までご連絡ください。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは消防本部総務課 地域消防Gです。

〒319-2251 常陸大宮市姥賀町621

電話番号:0295-54-0119

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
表示スマートフォン版パソコン版