熱中症を予防しましょう

毎日暑い日が続いています。熱中症に気を付けましょう。
熱中症は、5月頃から発生し、7月の梅雨明け頃、特に注意が必要になります。

熱中症とは、高温多湿な環境に長時間いることで、体温調節 機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。
屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、 救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。
熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、 周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症予防のために

暑さを避ける!

  • エアコン等で温度をこまめに調整
  • 遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用
  • 外出時には日傘や帽子を着用
  • 天気のよい日は日陰の利用、こまめな休憩
  • 吸湿性・速乾性のある通気性のよい衣服を着用
  • 保冷剤、氷、冷たいタオルなどでからだを冷やす
  • 熱中症警戒アラート発表時の外出はできるだけ控え、暑さを避ける

こまめに水分を補給する!

  • 室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じていなくてもこまめに水分を補給

高齢者や子ども、障害のある方は、特に注意が必要!

  • 高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対するからだの調節機能も低下しているので、注意が必要です。
  • 子どもは体温の調節機能がまだ十分に発達していないので気を配る必要があります。
  • 障害のある方には、体温調節が難しい場合や、のどが渇いても気づかない、自分で水分がとれない等の場合がありますので、介助者やまわりの方は注意しましょう。

 

厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/nettyuu_taisaku/index.html

暑さ指数や熱中症警戒アラート(環境省のページ)
https://www.wbgt.env.go.jp/

このページの内容に関するお問い合わせ先

健康推進課 健康推進G

〒319-2254 常陸大宮市北町388-2 かがやき

電話番号:0295-54-7121

メールでお問い合わせをする

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【ID】P-9882
  • 【更新日】2024年7月9日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する