市史講演会「あの頃、常陸大宮―暮らしの変化と高度成長―」を開催します!

常陸大宮市史講演会「あの頃、常陸大宮―暮らしの変化と高度成長―」

『常陸大宮市史資料叢書2 近現代1 描かれた常陸大宮の暮らし-会沢忠の記憶画にみる明治・大正・昭和-』は、明治・大正・昭和期の常陸大宮を生きた人々の生活を、市内諸沢出身の会沢忠氏の色紙作品によりたどる資料集です。本書の刊行を記念して、「常陸大宮市史講演会」を開催します。
本講演会では、色紙に描かれた内容やその背景を元に当時の社会について、講師がわかりやすく解説します。「あの頃」の常陸大宮について、一緒に考えてみませんか?

近現代史イベントチラシ

日時

令和6年6月8日(土曜日)午後1時30分から午後4時 ※午後1時より開場

講演タイトルおよび講師

  1. 「地域の暮らしを記録する ―記憶画と会沢忠―」
    清水 ゆかり 氏(近現代史部会専門調査員、農研機構中日本農業研究センター 転換畑研究領域 畑輪作システムグループ)

  2. 「記憶画が描かれた時代 ―高度成長期の常陸大宮―」
    高田 雅士 氏(同協力員、駒澤大学総合教育研究部日本文化部門 専任講師)

会場

常陸大宮市文化センターロゼホール 小ホール(茨城県常陸大宮市中富町3135-6

定員

先着200

入場料

無料。申込も不要です。当日会場にお越しください。

このページの内容に関するお問い合わせ先

文化スポーツ課 文化振興G

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6 本庁3階

電話番号:0295-52-1111

メールでお問い合わせをする

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【ID】P-9660
  • 【更新日】2024年5月10日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する