個人番号カード

申請書送付用宛名台紙封筒 「個人番号カード」の申請及び交付についての詳細はこちら

休日窓口でのマイナンバーカード(個人番号カード)の交付についての詳細はこちらへ


社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)における個人番号カード等について

◆『住民基本台帳カード』は、『個人番号カード』へ

 ◇社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入に伴い、平成28年1月から

  『個人番号カード』になります。

マイナちゃん

  ・全国共通仕様の『個人番号カード』への移行に伴い、現在の「住民基本台帳カード
   (以下「住基カード」という。)」は、廃止されます。

   廃止に伴い、住基カードの発行は、平成27年12月までとなります。

   なお、有効期限が平成28年1月以降の「住基カード」は有効期限までご使用できます。

  ・「住基カード」で「署名用電子証明書」(e-Tax等で利用)をご利用されている方は、
   「署名用電子証明書」の有効期限(証明書発行から3年)をご確認ください。

  ・平成28年1月以降「住基カード」での電子証明書利用は、以下の例をご確認ください。

 

住基カード

署名用電子証明書

署名用電子証明書の可否

例1

有効期限内

有効期限内

例2

有効期限内

有効期限切れ

例3

有効期限切れ

有効期限内

可(※(1)

例4

有効期限切れ

有効期限切れ

      ※(1) 市民課窓口で「住基カード」のみ使用不可とする処理を行う必要があります。

   ※「住基カード」の署名用電子証明書の有効期限が切れた後、同様のサービスを継続利用
     したい場合は『個人番号カード』に切り替える必要があります。

   ※「住基カード」から『個人番号カード』に切り替えた場合、「住基カード」からの移行では
     なく、新たな「署名用電子証明書」を取得することになります。

   ※「住基カード」の有効期限が切れた場合、本人確認のための身分証明書としてはご利用
     できません。

   ※平成28年1月以降、「住基カード」、「署名用電子証明書」の新規・再発行はできませ  
    ん。

   ▼『住民基本台帳カード』と『個人番号カード』の発行・利用期間

個人番号流れ図
 
◆『通知カード』と『個人番号カード』について

  ▼『通知カード』の取り扱いの変更
    令和2年5月25日から通知カードの取り扱いが変更されました。

   変更される取り扱い
   ・通知カードの再発行や出生などに伴う新規発行がなくなりました。
    また、住所や氏名が変更になったことの記載が出来なくなりました。
   ・お手元の通知カードは、経過措置として、住所や氏名等が住民登録と一致
    している場合に限り、マイナンバーを証明するものとして引き続きご利用
   
 いただけます。

   変更後のマイナンバーの通知・確認方法
   ・出生等で新たにマイナンバーが付番された方へのマイナンバーの通知は
    個人番号通知書により行われます。
   ※個人番号通知書はマイナンバーを証明する書類や身分証明書としては利用
    できません。

     『個人番号通知書

    通知書(200)

   
 ▼『通知カード』とは?
 

   ・『通知カード』は、平成27年10月以降、住民票を有するすべての方に、
    住民登録している住所あてに郵送されました。

   ・『通知カード』は、紙製のカードです。券面には、氏名、住所、生年月日、
    性別、12桁の個人番号(マイナンバー)が記載されています。

   ・『通知カード』は、顔写真がありませんので、本人確認の際には、別途運転免許証
    等の顔写真が入った本人確認書類が必要となります。

   ・『通知カード』は、『個人番号カード』の交付時に回収となりますので、紛失しない
    ように大切に保管してください。


 ▽『通知カード』

   表面                裏面
  通知カード表   通知カード裏

  
 

 ▼『個人番号カード』とは?

   ・『個人番号カード』とは、ICチップの付いたカード表面に、氏名、住所、
    生年月日、性別、顔写真が掲載され、裏面には個人番号(マイナンバー)等
    が記載されます。

   ・『個人番号カード』は、本人確認のための身分証明書として利用できます。

   ・『個人番号カード』は、e-Tax等の電子申請等が行える電子証明書
    (15歳未満の方は除く)の機能も搭載できます。

   ・『個人番号カード』の取得は、任意となります。

   ・『個人番号カード』は、交付後にもし紛失した場合は、再交付の際に手数料
    が必要となります。

 

 ▽『個人番号カード』

       表面             裏面
     マイナンバーカード表   マイナンバーカード裏
    
     ※『個人番号カード』が交付された以降、住所が変わるときは住所変更手続きの際に
      『個人番号カード』を忘れずに持参してください。

 

 ▼『個人番号カード』を取得するためには

  ◎『個人番号カード』の申請書を郵送

    ・平成27年10月から『通知カード』と一緒に送付された「申請書」に、ご自身の顔写真
     を添えて郵送することになります。
    
            ※通知カードと一緒にお届けしている返信用封筒の差出有効期限が過ぎた場合や返信用封
     筒がない方は、下記の宛名台紙をお使いください。
       申請書送付用宛名台紙封筒 ←こちらからダウンロードできます。 

    ・申請にお困り方を対象に、専用タブレットを使った写真撮影と申請までをお手伝いする
     「申請サポート」を実施いたします。(写真撮影無料です)

    ・申請できる方
     市内に住民登録がある方で、申請者ご本人(任意代理人による申請は不可)
     申請サポートの利用は、必ず申請者ご本人の来庁が必須です。(幼児等の場合においても
     窓口にて顔写真の撮影が必要)
     15歳未満の方または成年被後見人の方は、必ず法定代理人が(親権者や後見人など)が
     同行してください。

    ・必要な書類
     本人確認資料(運転免許証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、保険証、介護
     保険証、年金手帳等)
     ID付きのマイナンバーカード交付申請書

    ・受付時間
     予約制:平日の午前9時00分から午後5時15分まで

    ・受付場所
     市役所市民課   

        

  ◎『個人番号カード』の受領

    ・個人番号カードのお渡しは、申請から約1~2か月程度の期間を要します。

            ・『個人番号カード』の受領は、交付通知が申請者あてに郵送されますので、本人が
     交付通知書のほか、運転免許証等の身分証明書及び『通知カード』、並びに
     「住基カード」をお持ちの方は、「住基カード」を必ず持参し、市役所交付窓口へお越し
     ください。

    ・受領の際は、『個人番号カード』用の暗証番号のほか、複数の暗証番号の入力が
     必要となります。

 

  ◎『個人番号カード』の有効期限と更新手続き

    ・20歳以上の方は10回目の誕生日、20歳未満の方は容姿の変化を考慮して、
     5回目の誕生日となります。

    ・更新手続きは、有効期間満了日の3ヶ月前から有効期間満了日までの間
     可能となります。

 

  ◎その他『個人番号カード』について

    ・『個人番号カード』は、地方公共団体情報システム機構での一括対応と
     なるため、市での即時交付はできません。

    ・現在「住基カード」をお持ちの方は、『個人番号カード』と両方のカード
     を所持することはできませんので、『個人番号カード』の交付時に
     「住基カード」は回収となります。


  ◎『住民基本台帳カード』と『個人番号カード』の比較

住基&個人カード

カード

住民基本台帳カード

個人番号カード

交 付

即日交付
【場合によっては後日交付】
  ※平成27年12月末で交付終了

後日交付
 
 ※平成28年1月から交付開始

発行手数料

500円

初回発行無料

 ※再交付手数料:800円

有効期間

発行日から10年間

10回目の誕生日まで

 ※未成年者は5回目の誕生日まで

電子証明書

希望者のみ搭載
 有効期間:発行日から3年間
 発行手数料:500円
 ※平成27年12月末で発行終了

標準搭載 ※希望者は失効可能
 有効期間:5回目の誕生日まで
 発行手数料:初回発行無料
 再発行手数料:200円

利便性

身分証明書としての利用が中心

・身分証明書として利用
・番号を確認する場面での利用
・行政機関等による付加サービスの
 利用(コンビニ交付等)

その他

マイナポータルへのログイン手段
 ※「情報提供記録表示機能」
 平成29年1月から開始


◆社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)に関する問合せ先


   0120-95-0178 (無料) 
             
※お掛け間違いのないようご注意ください。

       平日9:30~20:00 土日祝 9:30~17:30(年末年始を除く)

   ● 音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。

  •  (1)通知カード・マイナンバーカード(個人番号カード)に関するお問い合わせ 「1番」
  •  (2)マイナンバー制度に関するお問い合わせ                 「2番」
  •  (3)マイナンバーカード(個人番号カード)の紛失・盗難について       「3番」

   
   ● 既存のナビダイヤルも継続して設置しております。こちらの音声案内では、
    フリーダイヤルの電話番号を紹介しています。

 ※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料) ※通話料が発生します。

   

・ マイナンバー制度に関すること 050-3816-9405
・ 「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」または、
 「紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止について」 
050-3818-1250
 ※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応
・ マイナンバー制度に関すること 0120-0178-26
・ 「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」または、
 「紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止について」
0120-0178-27


 ◇内閣官房「社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)ホームページ」

  ・マイナンバーに関する最新の情報を照会しています。

    ▼内閣官房長「社会保障・税番号制度ホームページ」  ※新しいウインドウで開きます 

  ・よくあるお問合せについては、こちらをご覧ください。

    ▼内閣官房「よくある質問FAQ」  ※新しいウインドウで開きます

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民課 市民Gです。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る