1. ホーム
  2. 特産品>
  3. 認証特産品>
  4. 西ノ内和紙 (五介和紙)

認証特産品

西ノ内和紙 (五介和紙)

 
  • 一枚漉きはがき一枚漉きはがき
  • 西ノ内紙西ノ内判
  • 半紙半紙

伝統を今に伝える。

西ノ内和紙は旧山方町の「西野内」という地名に由来します。県の無形文化財にも指定されており、常陸大宮市を代表する伝統産業でもあります。手漉き和紙の場合、産地ごとに和紙の規格が決まっており、「西ノ内紙」という商品は1尺1寸×1尺6寸(33cm×48cm)という伝統的な大きさの紙を指します。

コラム

常陸大宮産なのに「那須楮」?

西ノ内和紙の原料には常陸大宮市や大子町で生産される「那須楮」が使用されています。昼夜の寒暖差が大きいため、絹にも例えられるような適度な太さ・長さの繊維となり、良質な和紙の原料となります。江戸時代、鬼怒川を使って江戸に運ぶ際に那須地域に集約されたものを総称して「那須楮」と呼びました。その名残で現在もこの地域で生産される楮は「那須楮」と呼ばれています。

買えるお店

五介和紙売店                                                                  道の駅常陸大宮「かわプラザ」(一部商品取り扱い)

参考価格

一枚漉きはがき〔1セット10枚入り〕550円(税込)

西ノ内判(にしのうちばん)〔1枚〕220円(税込)

半紙〔1セット50枚〕3,500円(税込)

五介和紙

常陸大宮市山方1323

TEL:0295-57-6647

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農林振興課です。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る