1. ホーム>
  2. くらし>
  3. くらしのお知らせ>
  4. 国民健康保険税の暫定賦課廃止について

くらし

ブックマーク

国民健康保険税の暫定賦課廃止について

 国民健康保険制度の改正に伴い、令和3年度からの国民健康保険税は5月の暫定賦課を廃止し、納期の回数が9期から8期に変更になります。

 ※暫定賦課とは・・・前年中の所得が確定しない時期に、前年度の課税額を参考に仮の保険税額を算定する賦課方法。

 これまでと納期及び納付回数が異なりますので、ご確認のうえ納期限内納付にご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

 

【令和3年度からの国民健康保険税の納付方法】

1 納付書または口座振替で納付されている方(普通徴収)

 令和3年度から、5月の支払いはありません。7月中旬に1年度分の国民健康保険税納税通知書と納付書(8回分)を送付しますので、納期限内にご納付ください。口座振替の方は納期限日に引き落としとなります。

 なお、納付回数が少なくなるため、1回にご納付いただく保険税額は増えますが、年間の保険税額は変わりません。 

2 年金からの天引きで納付されている方(特別徴収)

 これまでと変更ありません。仮徴収(4月・6月・8月)と本徴収(10月・12月・2月)の年6回に分けて年金から天引きとなります。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは医療保険課です。

本庁1階ほか 〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る