1. ホーム>
  2. 教育・文化・スポーツ>
  3. 人面付壺形土器「いずみ」が茨城県立歴史館へ出張します

人面付壺形土器「いずみ」が茨城県立歴史館へ出張します

常陸大宮市内の「国史跡 泉坂下遺跡」から出土した、人面付壺形土器(国重要文化財)、通称:いずみちゃんが、この度、茨城県立歴史館の企画展「ふぇいす-掘り出された顔かたち〔2021年10月2日(土)~11月23日(火・祝)〕」に、展示される事になりました。

https://rekishikan-ibk.jp/special/post-22574/

その企画展のため、9月15日に歴史民俗資料館から運び出されました。↓↓

 

久しぶりに保存箱から取り出されたいずみちゃん。慎重に持ち上げられます。

1

そっとクッションの中に。

2

大事なお顔は、念入りに保護します。

3

おフトンでしっかり包み、緩衝材で更にガード。

4

「箱入り」いずみ…

5

免震構造、空調完備の美術専用車に積み込み。

6

行ってらっしゃい!!

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化スポーツ課です。

本庁3階 〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る