本文へ移動する
  1. ホーム>
  2. くらし>
  3. くらしのお知らせ

くらしのお知らせ

寒くなったら水道管の凍結に注意しましょう!(2017年11月15日掲載)

凍結から水道管を守るために

寒さが厳しくなってくると、水道管や水道メーターなどが凍結し、水が出なくなったり、破裂したりすることがあり、高い修理費用がかかる場合があります。ちょっとした準備で水道を守ることができるので、ご家庭でできる防寒対策を行いましょう。

特に凍結しやすい場所

・風当たりの強い場所にある水道管やメーター
・北向きで日陰にある水道管やメーター
・むき出しになっている水道管
・家の外にある蛇口

こんな時は注意

・外気温が-4℃以下になった時
・旅行で家を留守にするなど、長期間水道を使用しない時

露出している水道管や蛇口を保温

水道管や蛇口に保温材や毛布などを巻き付け、水に濡れて凍らないように、その上から隙間なくビニールテープなどでしっかり巻いてください。
また、加温式(電熱式)凍結防止器を利用する方法もあります。

メーターボックス内を保温

メーターボックスの中に、水道メーターを保護するよう保温材(発泡スチロールや布切れなどをビニール袋に入れたもの)を詰めてください。

 ボックス対策(袋有)  ボックス対策

水を出しておく

翌朝強い冷え込みが予想される時は、前夜から箸の太さぐらいに水を少しずつ出しておくのも有効です。
※出した分の水については、料金がかかりますので出し過ぎにはご注意ください。お風呂の浴槽などにためるようにして有効活用しましょう。

凍結してしまったら
ぬるま湯をかける

凍った部分にタオルや布をかぶせ、必ず「ぬるま湯」をゆっくりとかけて溶かしてください。
なお、熱湯をかけると、水道管が破裂する恐れがありますのでご注意してください。
※蛇口を開けても水が出ない時は、蛇口を開けたままにせず、必ず閉めてください。
ぬるま湯対策

破裂してしまったら
市指定給水装置工事事業者へ修理を依頼

水道管が破裂した時は、メーターボックス内の補助止水バルブを閉めて水を止めます。応急処置として破裂した部分に布かテープをしっかり巻いて、「市指定給水装置工事事業者」に修理の依頼をしてください。
なお、「市指定給水装置工事事業者」は、こちらでご確認ください。

水道料金が増えたら
漏水していないかチェック

冬は、凍結による水道管の破裂で漏水が発生しやすくなります。「いつもと同じように使っていたのに、急に水道料金が高くなった」「いつも地面や壁が濡れている」という場合は、水道メーターをチェックしてみましょう。

漏水の調べ方

(1)家庭内の水道の蛇口を全部閉める。トイレや給湯器、散水栓などを使用していないことを確認。
(2)メーターボックス内の水道メーターのパイロット(写真の銀色のコマ)を確認。
(3)パイロットが少しでも回転している場合は、漏水の可能性があるので、早めに「市指定給水装置工事事業者」に修理を依頼してください。
水道メーターパイロット

漏水による水道料金の減免制度

地下漏水などについては、料金の一部を減免する制度があります。水道お客さまセンターまでお問い合わせください。

給水装置の修理は誰がするの?

道路に埋設している水道管(配水管)から分かれて、家庭まで引き込まれた給水管、止水栓、補助止水バルブ、水道メーター、蛇口などの給水用具をまとめて「給水装置」といいます。これら給水装置は、水道メーターを除いて使用者(所有者)の財産となります。給水装置のうち公道部分については市で維持管理していますが、民有地の凍結による水道管破裂や、老朽化による漏水などの修理費用は、使用者(所有者)の負担となります。(図参照)
漏水は大切な水を無駄にするだけでなく、家庭では思わぬ出費ともなりますので、日ごろから凍結防止や給水装置の点検に努めましょう。
給水装置石管理境界

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは水道課 水道お客さまセンターです。

〒319-2145 常陸大宮市宇留野3030

電話番号:0295-52-0427

スマートフォン用ページで見る