本文へ移動する
  1. ホーム>
  2. 教育・文化・スポーツ>
  3. 教育・文化・スポーツのお知らせ

教育・文化・スポーツのお知らせ

市民大学講座受講生募集中!(2018年1月10日掲載)

常陸大宮市では、茨城大学との連携協定のもと、茨城大学の教員による市民向けの講座を開催しています。
今年度の後期講座では、「次世代モビリティー未来の自動車と交通システムー」をテーマに開催します。未来の自動車と関係インフラ、交通・都市システムについて、茨城大学の三分野の教員が最新の技術と議論について紹介します。講座は全3回です。どなたでもお気軽にご参加ください。

講座名 「次世代モビリティ」ー未来の自動車と交通システムー

第1回  3月2日(金)「電気自動車の充電ステーションと燃料電池車の水素ステーション」

 今後、電気自動車や燃料電池自動車のような次世代自動車の普及が進むといえます。このとき電気自動車の普及には充電ステーション、燃料電池自動車の普及には水素ステーションが欠かせません。本講演では、充電ステーションや水素ステーションについて、その概要や将来の普及について説明します。

   講師:田中正志 先生(茨城大学工学部電気電子工学科 講師)

第2回   3月9日(金)「自動車運転技術入門」

 近年、大きな注目を集めている自動運転では、自動車がセンシングや地図情報の収集などにより外部環境を認識し、運転計画を立て自立的に移動します。本講演では、自動運転がどのような仕組みで行われているのか、その概要を紹介するとともに、将来の姿を展望します。

 講師:梅比良正弘 先生(茨城大学工学部メディア通信工学科 教授)

第3回   3月16日(金)「将来の交通とまちづくり」

 自動車の運転技術やシェアリングサービスにより将来のモビリティ・交通システムの姿が大きく変化しようとしている一方、徒歩や自転車などのスローモビリティの価値も見直されています。本講演では、将来の交通と都市のあり方について最近の議論と展望を紹介します。

 講師:平田輝満 先生(茨城大学工学部都市システム工学科 准教授)

◎時間   午後7時~午後8時30分

◎会場   常陸大宮市文化センター2階会議室

◎受講料  1,500円(講義3回分)

◎定員   40名(先着順)

◎対象者  市内在住または在勤・在学の方

◎申込方法 1月10日(水)から2月28日(水)までに、受講料を添えて市民協働課にお申込みください。

◎問い合わせ 市民生活部市民協働課 電話番号 0295-52-1111(内線126)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民協働課です。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

スマートフォン用ページで見る