本文へ移動する
  1. ホーム>
  2. 市政>
  3. 市政のお知らせ

市政のお知らせ

選挙投票区の再編について(2017年6月29日掲載)重要!

再編の背景
 市では,平成16年の町村合併以降も旧町村で設定された投票区を引き継ぎ,市内全体では,74の投票区で選挙を実施しています。この投票区については,多くが昭和30年代から変わっていません。
 現在の投票区ごとの有権者数を比較すると,最小では70人未満,最大では4,800人超となっていて,各投票区間で大きな不均衡が起こっている状況です。
 一方,社会情勢の進展や自家用車の普及・道路網の整備により,生活圏が広域化するなど地域の状況も大きく変わってきていることや,期日前投票制度の導入・普及により,投票者総数の約3分の1が期日前投票を行っている状況にあることなど,選挙を取り巻く状況は,現在の投票区が設定された昭和30年代と比べると大きく変化しています。
 また,町村合併以後,市職員の数は年々減少していて,必要な選挙事務従事者数の確保が難しくなってきています。
 こうしたことから,投票区間のバランスを考慮しながら,有権者にとって公平な選挙を目指すとともに,公正で適正に選挙を行える体制を構築するため,投票区を再編することとしました。
再編の目的

○投票区ごとに有権者数及び投票区の配置状況の平準化と公平性の確保

○公正で適正な選挙執行を図るための体制準備
再編の方針
1 再編の考え方
  有権者数の少ない投票区を統合して,過大投票区を分離する。
2 統合の対象
  原則として選挙人の数が500人未満の投票区を統合の対象とする。
3 再編の基準
  原則として次に掲げる基準により投票区を再編する。
 (1) 1投票区当たりの有権者数の基準
   ・市街地   ・・・1,000人から1,500人程度
   ・その他の地域・・・500人から1,000人程度
 (2) 投票所までの距離基準
   ・住居から投票所までの距離      ・・・おおむね6km以下
   ・統合による新たな投票所までの増加距離・・・おおむね3km以下
4 投票所について
 投票所は,優先的に公共施設とする。公共施設を利用するのが難しい投票区については,バリアフリーや駐車スペース等が確保できる地区集会所等の施設とする。
再編後の投票区
 74投票区 ⇒ 42投票区
        ※詳細は,添付ファイル「投票区再編一覧」のとおり
  ・大宮地域  21投票区 ⇒ 17投票区
  ・山方地域  16投票区 ⇒ 9投票区
  ・美和地域  11投票区 ⇒ 6投票区
  ・緒川地域  14投票区 ⇒ 6投票区
  ・御前山地域 12投票区 ⇒ 4投票区
実施時期
 平成29年8月27日執行予定の茨城県知事選挙から実施します。
再編に伴う対応等
1 臨時期日前投票所の設置
 現在設置している本庁及び各支所の期日前投票所のほかに,今回の再編により投票所までの距離基準を超えて統合することになる次の投票区については,当面の間,現行の投票所で半日程度の臨時期日前投票所を設置します。
 (1) 旧山方第7投票区【諸沢地区】
 (2) 旧美和第1投票区【氷之沢地区】
 (3) 旧御前山第7投票区【檜山地区】
2 投票区再編後の検証

 再編後に行われる選挙の投票状況を検証し,投票区の再編が原因となる課題等が確認されたときは,速やかに,その対応策を講じます。

3 投票環境の整備
 投票区再編の有無にかかわらず,投票所のバリアフリー化を推進して高齢者等に優しい環境整備を行うとともに,共通投票所の設置等,投票機会の拡大を図るための環境整備を検討します。
  ※指定の投票所のほか,駅や商業施設等に設置される誰でも投票可能な共通の投票所
 
 投票区の再編に伴い,投票所が遠くなる等,有権者の皆様には不便をお掛けすることとなりますが,ご理解とご協力をお願いします。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは選挙管理委員会です。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

スマートフォン用ページで見る