学ぶ・体験

犬吠峠

犬吠峠山方地域には奇岩が多く、中でも国道118号線山方トンネルの交差点を右折し、久慈川を渡ると、常陸太田市(旧金砂郷町)へと続く、諸沢の七曲がりの峠道は「犬吠峠」と呼ばれ、いわくつきの場所である。
その昔、山方村の常安寺が焼失したとき、寺の飼犬が悲しみのあまり峠に登り、七日七晩吠え続けて、ついには石になったと伝えられる。
この伝説に因んで名付けられた「犬吠峠」には、小さなほこらと共に、犬の化身と伝えられる岩が、まさに山方宿に向かって叫んでいるような格好でたたずんでいる。今でも山方宿に火事があると、吠えて知らせるとも言われる。
また、諸沢には、「籠岩」という、籠目のような奇岩と大小無数の洞窟があり、山方地域の観光名所となっている。

(さし絵:畠山豪)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは商工観光課です。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
桜の開花 紅葉の情報
スマートフォン用ページで見る