学ぶ・体験

箱石

箱石山方の中央部、国道118号線山方トンネルの交差点を西方に1kmほどいくと、谷間の水田の中に「箱石」がある。
昔、この谷あいの上には、高館山という城があり、たいそう美しい姫が住んでいた。
この高館山城も敵軍に攻められ、ついに落城する時がきた。城主一族は城に火を放ち、みな自刃して果て、かの美しい姫も城と運命を共にすることとなった。 その時、姫は、母の蒔絵の針箱だけは永遠に残したいと思い「石になれ」と叫んで、高館山の断崖から投げたという。
その姫の願いがかない、針箱は「箱石」となった、と伝えられている。

(さし絵:畠山豪)



問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは商工観光課です。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
桜の開花 紅葉の情報
スマートフォン用ページで見る