1. ホーム>
  2. 新型コロナウイルス関連情報>
  3. 市民の方へ>
  4. 避難所における新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス関連情報

ブックマーク

避難所における新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症がまん延する状況において、災害が発生し避難所を開設する場合には、感染症対策に万全を期すことが重要になっています。

また、災害時には断水により手指の流水洗浄ができない可能性もあり、避難所など密集した環境下での集団生活等により、ノロウイルス等による感染性胃腸炎やインフルエンザ、新型コロナウイルスなどの感染症が拡大するリスクが高まります。

新型コロナウイルスが収束する前に、地震、風水害等が起きたらどうなるのか、平時の事前準備及び災害時の対応を考えておきましょう。

・「避難」とは「難」を「避」けることであり、自宅での安全確保が可能な人は、感染リスクを負ってまで避難所に行く必要はないと考えます。

・本当に避難所に行く必要がある方を、適切に受け入れられるようにご協力ください。自宅が危険な場合も、避難先は市が開設する避難所だけではありません。安全な親戚・知人宅に避難することも考えましょう。

避難所における感染予防のための対策

◇避難所に行く前に行うこと

 避難所に行く時は、ご自身の体調を把握するとともに、体調不良のほか発熱や咳等の症状がある場合は、事前に避難所担当者に報告しましょう。

◇手洗い、咳エチケット等の基本的な対策の徹底

 避難者などは、断水等の影響がない場合、頻繁に手洗いするとともに、咳エチケット等の基本的な感染症対策を徹底しましょう。

◇避難所の衛生環境の確保

 物品等は定期的に、また、目に見える汚れがあるときは、家庭用洗剤を用いて清掃するなど、避難所の衛生環境を出来る限り整えましょう。市の備蓄品にも限りがあります。風水害時、事前に避難する際は、自分の必要なものは自分で持参しましょう。なお、その際、必要な物品を持って行けるよう時間の余裕をもって、降雨が激しくなる前に避難を完了させてください。

◇避難所に持って行くもの

 市の備蓄品に無いものや数に限りもあることから、自分の必要なものは自分で持参することを徹底するようお願いいたします。

 ●マスク  ●アルコール消毒液(ウエットテッシュ等) ●体温計   ●寝具(毛布等)

 ●スリッパ ●食料・飲料水  ●着替え  ●携帯電話  ●携帯ラジオ 

 ●モバイルバッテリー など

◇発熱、咳等の症状が出た方のための専用スペースの確保

 発熱、咳等の症状が出た方に対して、専用のスペースを確保するため、一般の避難者とはゾーン、動線を分けることもありますので、ご協力とご理解をお願いいたします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは安全まちづくり推進課です。

〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6

電話番号:0295-52-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る