1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 子育て・健康・福祉のお知らせ>
  4. 新型コロナウイルス感染症対策によるマスク着用時の「熱中症」に気を付けましょう

子育て・健康・福祉

ブックマーク

新型コロナウイルス感染症対策によるマスク着用時の「熱中症」に気を付けましょう

新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』が示され、「身体的距離の確保」・「マスクの着用」・「こまめな手洗い」・「3密(密集、密接、密閉)の回避」など、今夏は、これまでと異なる生活環境下で迎えることになります。

夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、体内に熱がこもりやすく、マスク内の湿度が上がり、のどの渇きが感じにくくなり、熱中症のリスクが高まる可能性があります。      

体内に熱がこもるやじるし熱中症に注意           

                  やじるし                

マスク内の湿度が上がるやじるしのどの渇きが気づきにくくなる 

『新しい生活様式』における熱中症予防行動のポイント

1.暑さを避けましょう

○少しでも体調が悪くなったら、涼しい場所へ移動する

○涼しい服装、日傘や帽子を着用にする

2.適宜マスクをはずしましょう

○屋外で人と十分な距離(2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずす

○マスクを着用している場合には、強い負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩をとる

3.のどが渇いていなくてもこまめに水分補給しましょう

○のどが渇く前に水分補給

○1日あたり1.2ℓが目安(食事等に含まれる水分は除く)

4.日頃から健康管理をしましょう

○日頃から体温測定、健康チェック

○体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養

5.エアコン中もこまめに換気しましょう

○感染予防のため、冷房時でも換気扇や窓解放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整する

6.暑さに備えた体作りをしましょう

○暑くなり始めの時期から適度に運動を

○水分補給は忘れずに、無理のない範囲で

 

その他詳細は関連ファイルの「令和2年度の熱中症予防行動 」、「令和2年度の熱中症予防行動の留意点について」をご参照ください。

熱中症とは

「環境」「からだ」「行動」などさまざまな要因により、発汗などの体温を調整する機能が十分に働かなくなり、体温が上昇することでおこる体調不良のことを言います。

症状について

めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐(おうと)、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う

≪重症の場合≫ 呼びかけに対して返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

もし熱中症かもと思ったら
  • 涼しい日陰やエアコンの効いている室内などに避難させましょう。
  • 衣服を脱がせて、体からの熱の放散を助け、風通しを良くします。
  • 意識がはっきりしている場合は、冷たい水で水分補給しましょう。大量に汗をかいている場合は、経口補水液やスポーツドリンク等が最適です。
  • 冷たいペットボトルや氷のうなどを、首や脇の下、太ももの付け根に当てて、皮ふ直下に流れている血液を冷やすことも有効です。
※自力で水が飲めない、意識がないがあればすぐに救急車を要請しましょう。

熱中症関連情報

・環境省「熱中症予防情報サイト

各種普及啓発資料や、熱中症のかかりやすさを示す「暑さ指数(WBGT)」を公表しています。

・厚生労働省「熱中症関連情報

熱中症予防に対する厚生労働省の取り組みや、職場における労働衛生対策などを掲載しています。

(参考)

スポーツ庁

新型コロナウイルス感染症拡大防止と運動・スポーツの実施における留意点等については、スポーツ庁より情報提供されています。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康推進課です。

〒319-2254 常陸大宮市北町388-2

電話番号:0295-54-7121

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸大宮市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る